1. ホーム
  2. 展覧会・催し物
  3. 2020年度
  4. 素描礼讃 岸田劉生と木村荘八

展覧会素描礼讃 岸田劉生と木村荘八

素描礼讃 岸田劉生と木村荘八

岸田劉生《麗子之像》
1918(大正7)年
笠間日動美術館蔵

素描礼讃 岸田劉生と木村荘八

木村荘八《裸婦》
1916(大正5)年
小杉放菴記念日光美術館蔵

2020年9月5日[土]~10月25日[日]

休館日:毎週月曜日(祝日は開館し、その翌日を休館)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 素描を美術の骨子と評した岸田劉生(1891~1929)と、挿絵即ち素描かつ本格的絵画と説いた木村荘八(1893~1958)。習作や下絵として紹介されることの多い素描ですが、彼らの素描には独特の存在感と深い味わいがあり、完成作や彩色画では見ることのできない清新な魅力に満ちています。また、素描にはメモ等の書き込みが残されたものもあり、そこからは作家の思考や人柄も垣間見え、いっそう惹きつけられることでしょう。

 岸田劉生は大正期を代表する洋画家であり、神秘的な写実画や愛娘、麗子を描いた作品で知られますが、昭和4年に38歳の若さで亡くなりました。早すぎた晩年には、墨画、日本画にもその才を発揮しています。一方の木村荘八は、劉生と活動をともにした時期を経て、昭和期には洒脱な挿絵で独自の地位を築くことになります。

 印象派の影響を受けた白馬会の画塾で出会った二人は、いち早くポスト印象派へ関心を向けると、情熱的な色彩による油彩画を描きましたが、後に素描の重要性を深く認識し、数々の秀作を世に出しました。また、異なる家庭環境ではあるものの、互いに著名な父を持ち、銀座、日本橋両国という商業の中心地で生まれ育った東京人でもあり、江戸文化の理解者でもありました。

 本展では、笠間日動美術館、うらわ美術館、小杉放菴記念日光美術館が所蔵する二人の素描、挿絵等を中心とした約200点の作品で、その魅力と二人の画家の交流を紹介します。また、その多くの作品の舞台となった銀座・築地近辺の変容を二人の文章とともに回顧します。

詳細情報
会場 小杉放菴記念日光美術館 展示室
主催 公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館/日光市/日光市教育委員会/下野新聞社
協力 うらわ美術館/日動美術財団
料金 一般730(650)円、大学生510(460)円、高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方とその付き添いの方1名は無料
お問い合わせ 小杉放菴記念日光美術館
〒321-1431 日光市山内2388-3
telephone:0288-50-1200