小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

ブラティスラヴァ世界絵本原画展
BIBで出会う絵本のいま

前期:2019年3月23日[土]〜4月21日[日]
後期:2019年4月23日[火]〜5月12日[日]

  ※前期・後期で一部展示替えあり。
  ※前期にご入館いただいた方には、1名につき1枚、後期の入館無料券をお渡しいたします。

 休館日=毎週月曜日(祝日・振替休日のときは開館し、翌日を休館。4月30日は祝日法により開館)
 開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 

 ブラティスラヴァ世界絵本原画展(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年毎に開催される世界最大規模の絵本原画コンクールです。実際に出版された絵本の原画を審査対象とし、芸術性が高い作品や実験的でユニークな作品が集まることでも知られています。2017年9月に開催されたBIB 2017では、49か国から、373組の作家による2,657点の原画が集まり、日本からは荒井真紀が《たんぽぽ》で金のりんご賞を、ミロコマチコが《けもののにおいがしてきたぞ》で金牌を受賞しました。
 本展では、「BIBで出会う絵本のいま」をテーマに、BIB 2017の受賞作品、日本からのノミネート作品、さらに、いま注目する4か国(中国、イラン、イスラエル、韓国)の作品からなる絵本原画約200点と関連資料をご紹介します。
 表現や技法の多様化が進む絵本のイラストレーションのいまをお楽しみください。

紹介ページを見る

催し物

<ブラティスラヴァ世界絵本原画展>
担当学芸員によるギャラリー・トーク

2019年5月6日[月・振休]
 午前10時より(1時間程度)

<ブラティスラヴァ世界絵本原画展>の開催に合わせ、担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。

紹介ページを見る

催し物

出品作家によるワークショップ
「アルミ板でオブジェをつくろう!」

講師:あずみ虫(イラストレーター、絵本作家)

2019年5月11日[土]
午後2時より(2時間程度)

アルミ板をハサミでチョキチョキ切って、絵の具を塗ってオブジェを作ります。
作ったオブジェは立てたりつるしたりして飾ることができます。
子どもから大人まで楽しめるワークショップです。

紹介ページを見る

催し物

キリフリ谷の藝術祭2019参加企画
小杉放菴記念日光美術館 第151回演奏会

 An Evening Hymn 夕べの賛歌
 〜リュートと一体化する17世紀歌唱の妙技〜

2019年6月1日[土]
  開場:午後5時30分
  開演:午後6時30分

 ヨーロッパでは、リュートやギター、日本では琵琶や三味線など、弦楽器は歌に合わせて強弱やビブラートなどのニュアンスが出せることから、古今東西を問わず歌の伴奏楽器の主流となりました。
 リュートは決して音の大きな楽器ではありませんが、歌とアーチリュートによる表現力の多様性を充分に楽しんでいただけるコンサートです。

●出演
 加藤佳代子 氏(ソプラノ)
 櫻田 亨 氏(アーチリュート)
 佐藤豊彦 氏(ナビゲーター)

●曲目
 我が魂よ、今こそ別れの時(ジローラモ・フレスコバルディ)
 夕べの賛歌(ヘンリー・パーセル)
 ほか

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について