小杉放菴記念日光美術館の公式Web Site

展覧会

創立99年 日本美術の精華 日本芸術院所蔵作品名品展

2018年7月14日[土]―9月9日[日]

  休館日=毎週月曜日(祝日のときは開館し、その翌日を休館)

  開館時間=午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

 日本芸術院は、1907 年に文部省美術展覧会(文展)開催のために設置された美術審査委員会を母体に、1919 年に帝国美術院として創設されました。その後、帝国芸術院時代を経て、戦後の 1947 年に日本芸術院へ改称、芸術上の功績者のための我が国唯一の栄誉機関として現在に至っています。
 小杉放菴もまた、日本芸術院の会員でした。1935 年、帝国美術院の改組にともない会員となった放菴は、いったん辞表を提出しますが、1937 年の帝国芸術院設立時に再任命され、その後は 1958 年に辞任するまで、日本美術の将来のため、芸術院の活動に尽くしました。
 帝国美術院時代から数えて、まもなく100 年という歴史と伝統をもつ日本芸術院には、同院会員の作品をはじめ、日本芸術院賞を受賞した作品など、近現代の巨匠たちの作品が数多く所蔵されています。本展は、これら名品の数々から、小杉放菴と同時代に活躍した美術家たちを中心とする日本画、洋画、彫刻作品をご紹介するとともに、放菴にとって日本芸術院の会員であったことは、どのような意味を持っていたのかを考える機会とするものです。
 また、これにあわせ、小杉放菴が会員だった時代の芸術院美術展出品作である、《金太郎遊行》(栃木県立美術館蔵)も特別出品いたします。

紹介ページを見る

催し物

夏休み宿題お助け企画
ちょっとだけ上手くなる子ども向け水彩画教室2018

講師:やないふみえ 氏(童画家)

8月5日[日]
午前の部    午前10時〜正午
午後の部    午後2時〜4時

8月8日[水]
午前の部    午前10時〜正午
午後の部    午後2時〜4時

もうすぐ楽しい夏休みですね。
そんな夏休みに絵の宿題がでている小・中学校は多いのではないでしょうか。

下描きは上手に出来るのに、いつも絵具を塗ったら失敗してしまう、
そんな悩みはありませんか?

今年も小杉放菴記念日光美術館では、これまで大好評だった、
水彩絵具の塗り方のちょっとしたコツを教える水彩画教室を開催いたします!

プロの画家に丁寧に教えてもらいながら、苦手な水彩画を克服してみませんか。
水彩画教室のあとはカフェでまったり、ワンドリンク付です。

紹介ページを見る

催し物

〈日本美術の精華 日本芸術院所蔵作品名品展〉
担当学芸員によるギャラリー・トーク

2018年7月22日[日]、8月18日[土]

各午前11時より(1時間程度)

〈日本美術の精華 日本芸術院所蔵作品名品展〉の開催に合わせ、担当学芸員によるギャラリー・トークを実施いたします。

紹介ページを見る

催し物

ワークショップ「バタフライアート」

講師:新部公亮[にいべ・こうすけ]氏(県民の森マロニエ昆虫館)

2018年7月29日(日)
午前10時〜正午

 始めに割りばしを使ったピンセットを手作りした後、本物のチョウの羽根を使って、しおりとアートスタンドを作る、チョウの羽根の紋様を両面から楽しめるアートです。
 チョウにまつわる楽しいお話も聞ける、昆虫好きなお子様にぴったりの、夏休みの工作ワークショップです。

紹介ページを見る

小杉放菴記念日光美術館が実施する鑑賞教育について

国立公園協会の寄贈による《国立公園絵画》について

「公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館」について