1. ホーム
  2. 展覧会・催し物
  3. 2020年度
  4. 日光へようこそ Welcome to Nikko

展覧会日光へようこそ Welcome to Nikko

日光へようこそ Welcome to Nikko

ロバート・ウィアー・アラン《陽明門》
1907(明治40)年
小杉放菴記念日光美術館蔵

日光へようこそ Welcome to Nikko

小杉放庵《関東第一山》
1933(昭和8)年頃
小杉放菴記念日光美術館蔵

2020年7月18日[土]~8月30日[日]

休館日=毎週月曜日(祝日は開館し、その翌日を休館)
開館時間=午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

 絢爛な社寺と豊かな自然を擁する日光は、明治時代に訪日外国人に避暑地としての魅力を見出されたことにより、観光地としての道を歩み始めます。1999年には、輪王寺・二荒山神社・東照宮、いわゆる二社一寺が世界遺産に登録され、世界的な観光地として知られるようになりました。
 しかしながら、日光の魅力は二社一寺と奥日光だけにとどまりません。2006年、旧・日光市は今市市・足尾町・藤原町・栗山村と合併し、新しい日光市となりました。とりわけ、今市は日光街道の20番目の宿場町として栄え、さらに東照宮へと伸びる杉並木の道があることから、まさに日光への「玄関口」とも言えます。
 当館は1997年の開館以来、日光の社寺を描いた水彩画、いわゆる「おみやげ絵」をはじめ、近・現代の画家たちが描いた日光の風景画の収集に努め、その結果、約130年間の日光の風景を俯瞰できるコレクションが形成されました。
 本展は、今市から奥日光までの道中を、当館が所蔵する風景画でたどることにより、日光の魅力により深く迫るものです。

詳細情報
会場 小杉放菴記念日光美術館 展示室
主催 公益財団法人 小杉放菴記念日光美術館/日光市/日光市教育委員会
料金 一般730(650)円、大学生510(460)円、高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方とその付き添いの方1名は無料
※第3日曜日「家庭の日」(7月19日、8月16日)は、大学生は無料
広報 日光へようこそ展プレスリリース.pdf
お問い合わせ 小杉放菴記念日光美術館
〒321-1431 日光市山内2388-3
telephone:0288-50-1200